西友が2014年4月1日から始めた「生鮮食品・満足保証プログラム」

TVCMでもやっている「ど新鮮 返金保障」ですが、生鮮食品を買った客が、味や

鮮度に満足できなかった場合は、商品代金を全額返金するサービスです。


「思っていた味ではなかった」

「他店と比べて美味くなかった」

「持って帰ってよく見たら色が悪かった」

「値段に見合わなかった」

などの主観的な理由でも返品(返金)ができるみたいですが、

さらには

「食べる気がなくなった」

などといったふざけてるとしか思えない理由でも返品(返金)が

できるみたいです。(マヂか?)


消費者側から見れば願ってもないサービスですね。

でも、ネットでは悪評ばかりが目立ちます。


「普通の客が損をしている」

「返品しない人だけが損をする」

「他の客が負担しているのは損」

「わざわざ腹壊す物を買って返金されてもなあ」

「客をバカにしている」


こんな書き込みをしている人たち、どっちがバカなの?


本当に何か損をしましたか?

返品する客は普通の客じゃない?

あなた本当に何か負担した?

腹壊すとわかってる物は絶対に売ってませんから!

客のことを思ってのサービスでは?


皆さんわからなさ過ぎです。

これって新規顧客の増加を見越したサービスですよ。


客が増加する

 ↓

それに比例し利益が増加する

 ↓

実際に返金を求める客は1~2割程度?

(常連などの固定客はほぼゼロ?)

 ↓

仮に利益が100万円増加したとして、その中から返金は1~2割

(10~20万円)程度、ってことは、残り8~9割(80~90万円)の

利益です。

上の例が極端だったとしても、店には少なからず利益が発生します。


利益が見込めるサービスなのに他の客に負担させるわけないでしょ?


ってことは・・・

私たち消費者は遠慮なくこのサービスを利用していいんですよ!