お疲れ様です、連投です。

脳筋で有名な僕です、生音でアンプに勝ちタイ。

今回は随所で言われたり僕も言っている事ですが

気合いでデスボイスに辿りつける

という話です。

 

 

本題です。

 

まぁ実際、可能は可能ですが

この気合いの方向性というのがかなり大切です。

 

「気合い」と一言にいっても色々です。

気合いの入った声、どんな音でしょうね。

おそらく、大体の人はめっちゃ力いっぱい叫ぶかなぁと思います。

これ、まぁ鳴るっちゃ鳴ることも考えられますよって話です。

 

まず一点目、めっちゃ力つかう点ですね。

仮声帯というんのは、まぁまず声帯くんもある程度閉鎖...要は声を出す方向へ動く必要があり

これが力みにより近づきます、物理的に。

声帯同様、仮声帯も距離が近けりゃ当たりやすくなります。

当たれば震えます、振動を成し、音となります。

 

そして二点目、いっぱい叫ぶ点ですね。

これ、主に呼吸器が頑張ることになっていると思います。

腹式も胸式でも、筋肉で呼気をいっぱい瞬時に使っているでしょう。

で、呼気が強いほど声帯や仮声帯は強くぶつかるよう作用されます。

なので、例えこれで仮声帯が幾らか遠くても

気流の力で気合いで引き寄せる!がまぁ成り立つわけです。

 

え!!!!デスボイス簡単じゃん!!!!

 

とはなりませんよね。

これやって上手く出ないとか、超痛いとかあるわけでしょう。

 

よくある事として、閉鎖している声帯へ呼気を強く吹き込めば痛めます。

上で書いてある通りですが、強い気流は強く声帯弁を引きつけます。

物理をかじるべきなんでしょうが

二点間の距離が近いことと受け止める面積=作用を受ける量が多いのかなぁと。

 

クリーントーンでは、この時の振動による声への変換効率100を目指します、多くは。

しかし、何回か言っていることですが

デスボイスは仮声帯における呼気の変換効率を考慮します。

なので

・仮声帯があたる事は大前提

・声帯より上へ多くの呼気を送る必要がある

となります。

 

この時、声帯はどうするべきか、呼気圧はどうするべきかって事ですね。

大雑把に言えば

声帯をどうにかしたのがフォールスコードスクリームのHow to

呼気圧をどうにかしたのがフライスクリームのHow to

って感じです、広義の。

参照記事

falsechord.hatenablog.com

 

で、タイトルに戻りまして

気合いでデスボイス出すぞ!!!!!

という時ですね

圧倒的に前者に結びつくことが順当なわけなのです。

後者ですと、多分バリクソ痛いと思います。

「あ^~痛いっすね^~」というより「喉壊してしまいます(迫真」って痛覚かと思います。

 

なので、気合いでやる際はこの点加味してください。

 

大きい声出せる人って、ここが絶妙に力み詰めないんですよね結局。

「良い声の通し方」みたいなのが掴めてるんです。

なので、順を追うのであれば

しっかり通る声・大きい声から取り組むべきかなぁと思います、気合いでやるなら。

目安はテレビとか近くの金物とかが少し振動する程度です。

気合いを入れていると言えるくらいの大声から習得しましょう。

 

.............................................................................................

 

こんな具合です、いかがだったでしょうか。

無理やりに挑むってのは、もちろんきっかけとかなんなら成功もし得ますが

デメリットが多い状態の人も多いと思います。

歪まない人は仮声帯のコントロールとかから、それ以前であればまず鳴らす所から。

段階を踏むことがベターです、基本的に。

 

デスボイスは一足飛びに成長するようで、実際は当人の出来る範囲に限るものです。

声帯が良く鳴ってこそ成立する点はクリーントーンと変わりませんので

後々、癖と成り得る事はありますが

ご自身の状態を見つめながら取り組みましょう。