何度目

2017/12/15

考えれば考えるほど苦しくなる。

重くなる。

辛くなる。

気分が沈んで、無気力になる。

そしてまたこれかと思う。

一体何度繰り返したことか、数えるのも嫌になったが、感覚だけはこの身から離れない。

多分、これは一生なくなることはない。

仕方の無いことだ、ああ、わかってる。

わかっているんだ。

わかっているんだけど。

それでも、これを切り捨てたいと、強く望んでしまう。

どうしようもないことだとわかっているのに、何も手を尽くせることがないとわかっているのに、それでも、それでも。

ああ、強く望む、望むんだ。

望んでしまうんだ。

変われない、昔のままで、何一つ進歩していなくて、適応できなくて、我侭で、縛りたがりで、逃げられないことを逃げないだけだなんて見栄を張って、自分に呆れる。

死にたいだなんて月並みな事は言わない。

ただ、一人にしないでほしいだけなんだ。

避けられたくないんだ。

誰からも嫌われたくないとか、そんなんじゃない。

嫌われたっていい、むかつこうが殴ろうが蹴ろうがなんでもいい。

だから、無視をしないで

遠ざけないで

関心を失わないで

どこかへ行かないで

側にいて

傍にいたいから

 

これは喪失感じゃない。

背徳感でもない。

だけど、決して綺麗なものじゃない。

そうだ、いつものそれだ。

欲望と希望と、現実の塊。

気持ち悪いくらいの自分の世界の圧縮。

仕方ないな、頑張ろう。

その圧縮体を潰すためだけに、それだけのためにこれからを、努力しよう。