たあい無い事ですが最近仕事が早く終わり夕方のニュース番組を見る時間が増え見ていて、ふと疑問を覚えました。それはTVの天気予報の番組で同じ時間帯NHK、民放各局共気象予報士と呼称される方を出演させ天気予報を放送しておりますが、それらを聞いているとなぜかしら内容が摺り合わせたように寸分の違いもなく全く同じで、違うのは話す人の口調、話す項目の順番ぐらいです。なぜなら天気予報は気象庁の予報官が出した予報をそのまま自分で予報したように装って出したようにしているだけでこれでもし翌日の予報が外れた場合全員予報が外れた結果になります。
(予報が外れてうれしい場合もありますけどね…でも気象予報士の方は予報が外れても外れて事について謝る事はありませんけど)普通予測したり予報を出すから予報士と呼ばれるのあって予報もしないのに予報士と呼ぶのはおかしいと思いません?
超難関で合格率の低い試験を突破した優秀な方たちですから天気、気象学の知識は豊富でまた過去に起きた天気や気象についての分析や統計の能力は素晴らしく、気象予報士ではなく気象広報士と名称を変更したらいかがでしょうか? なかには6Chや4Chに出ている人でタレントと思い違いしている人も見受けられますが?
どうお思いになりますか?